夜のコースのご予約はこちらへ

TEL 052-231-4588

メインイメージ

ご挨拶

謹啓

当店は昭和31年に先代 鈴木良一が大阪家族亭 守屋氏の御指導の元、この地に当時としては数少ない蕎麦屋を開業、昭和52年に先代が急逝し、次男幹也が後を継ぎ現在に至っております。

“でっちそば” 店名の由来は先代が青年期苦労を重ね、肉屋等で丁稚奉公していた事と、開業当時 “番頭はん(芦屋雁之助)と、丁稚どん(大村崑)” というテレビ番組が流行しており、”働く皆様に奉仕の心で美味しい蕎麦を” という想いを込めて”でっちそば” を屋号にしたと聞いております。

看板商品の”おかめ”は、幕の内弁当の麺類版として色彩鮮やかな具材を散りばめ、目から鼻から五感を通じて、いっぱいでおなかも満たしていただきたいと先代がつくりました。

先代の残した形は大切にまもりつつ現代風に焼き直したものを提供させていただいております。ほかにも開業以来ご愛好いただいている蕎麦屋ならではのカレー麺・かつ丼・ヘルシーな商品もご用意しておりますので、その日の気分でお楽しみいただければ幸いでございます。

因みに長男は東京にて厳しい修行を積み、中区千代田にて”そば 春風荘” を営んでおり、どうぞこちらも御贔屓に願います。

謹白
店主 鈴木幹也

ページトップボタン